人気の格安SIMを徹底比較!速度や料金が最も良いのはどれ?

「格安SIMを使ってみたいけど、どうやって選べばいいのか分からない!」

月々の料金を安くすることができる格安SIM。

でも格安SIMには種類がたくさんあるし、その中からどれを選べばいいのかつい悩んでしまいますよね。

そこで、人気の格安SIM「UQmobile」「mineo」「IIJmio」の3つを速度や料金などで比較してみたのでお伝えしていきたいと思います!

どれにしようか迷っている方は、参考にしてみてくださいね。

格安SIMで最も通信速度が速いのはどれ?

まずは格安SIMで最も通信速度が速いのはどれなのか、通信速度を比較してみましょう。

通信速度が速いことで、端末の操作を快適に行うことができますよ。

人気の格安SIMを通信速度で比較

人気の格安SIMを通信速度で比較してみた結果は以下のとおりです。

UQmobile mineo IIJmio
7.71Mbps【◎】 2.41~3.07Mbps【○】 1.63~2.64Mbps【○】

これを見ると、UQmobileの通信速度がずば抜けて速いことが分かります。

また、格安SIMは大手の会社よりも通信速度が遅めのものが多くなっています。

だからこそ通信速度も大事なポイントなので、通信速度が速い格安SIMを使いたい人にはUQmobileがおすすめですよ。

格安SIMが一番安くてお得なのはどれ?

次は格安SIMを安くお得に使うことができるものはどれなのかを見てみましょう。

人気の格安SIMを料金で比較(音声通話対応)

人気の格安SIM(音声通話対応)の料金の比較結果は以下のようになります。

500MB 3GB 6GB
UQmobile 1,680円
mineo(Aプラン) 1,310円 1,510円 2,190円
mineo(Dプラン) 1,400円 1,600円 2,280円
IIJmio(A・D) 1,600円 2,220円

500MBからプラン設定ができる格安SIMは少なく、この中ではmineoのみでした。

また、3GBや6GBになるとmineoのAプランが最も安くお得になっていますよ。

通話をメインに使いたい方は、mineoを選ぶとお得に使うことができそうです。

人気の格安SIMを料金で比較(データ通信のみ)

人気の格安SIMをデータ通信のみの料金で比較してみると、以下のようになりました。

500MB 3GB 6GB
UQmobile 980円
mineo(A・D) 700円 900円 1,580円
IIJmio(A・D) 900円 1,520円

データ通信のみだとmineoとIIJmioがほぼ同額ですが、僅差でIIJmioの方が安いことが分かります。

通話をほとんど使わずにデータ通信のみでOKという方は、このようなデータ通信のみのプランもおすすめですよ。

格安SIMをプラン内容や特徴で比較!

格安SIMをプラン内容や特徴でも比較してみたのでご覧ください。

UQmobile ★★★★★

UQ mobileは、auの子会社から販売されている格安SIMです。

プラン内容 データ通信のみ

音声通話付き

最大容量 ~無制限
回線 au
通信量の翌月繰り越し

☆★おすすめポイント★☆

  • 通信速度が速い
  • 口座振替に対応している
  • 容量制限が無制限のプランがある

UQmobileのプラン内容には、データ通信のみや音声通話付きなどがあります。

また、特徴として通信速度が速いというところがありますよ。

口座振替にも対応しているので、クレジットカード払いをしたくない方にもおすすめです。

mineo ★★★★☆

mineoは、関西電力グループのケイ・オプティコムから販売されています。

プラン内容

(docomoプラン・auプラン)

データ通信のみ

データ通信+SMS

音声通話付き

最大容量 ~30GB
回線 docomo・au
通信量の翌月繰り越し

☆★おすすめポイント★☆

  • auとdocomoの2つから回線を選ぶことができる
  • 家族や友人と月々で使い切れなかった容量分をパケットシェアすることができる
  • 20GB以上を使いたい人向けのプランがある

mineoの良い点には、月々に使い切れなかった容量をパケットシェアすることができるというところがあります。

ですから無駄なく容量を使っていくことができますよ。

さらに、大容量の30GBのプランもあるので容量をたくさん使いたい方にはおすすめです。

IIJmio ★★★★☆

IIJmioはインターネットイニシアチブから販売されている格安SIMです。

プラン内容

(タイプ・タイプ)

データ通信のみ

データ通信+SMS

音声通話付き

最大容量 ~30GB(オプションありだと50GB)
回線 docomo・au
通信量の翌月繰り越し

☆★おすすめポイント★☆

  • auとdocomoの2つから回線を選べる
  • 料金プランの変更にお金がかからない

IIJmioのすごいところは、大容量のオプションがあるところです。

基本プランに+して20GBや30GBを付けることができますよ。

20GBや30GBだと物足りなく感じてしまう方におすすめです。

格安SIMはどこに注目して選べばいいの?

最後に、格安SIMはどこに注目して選べばいいのか説明していきますね。

注目するべきところを抑えておけば、格安SIMを選ぶ時もバッチリです!

通信速度の違い

格安SIMを選ぶ時の1つ目の注目ポイントは、通信速度の違いです。

大手の会社と比べると少し速度は劣っているものの、格安SIMでも十分な通信速度のものが多数ありますよ。

しかし格安SIMによって通信速度が異なるので、通信速度の違いにも注目して選んでみましょう。

料金や価格の違い

格安SIMはプラン内容によって、料金や価格などが変わってきます。

僅差であっても、やはりお得に購入したり使ったりしたいというのは誰もが思うことではないでしょうか。

自分の経済的な面も考慮して、自分に合った料金や価格のSIMを選んでみてくださいね。

サービスの違い

使う用途が定まっている場合、それに当てはまるサービスのSIMを選ぶとさらにお得にSIMを使うことができます。

通話をメインにしたい方や、SNS・動画などをメインに使いたい方など、用途によって絞ることもできますよ。

自分はどんなサービスをよく使うのかというのにも注目して選んでみましょう。

回線やSIMのサイズの違い

格安SIMを選ぶ時の4つ目のポイントは、回線やSIMのサイズの違いで選ぶことです。

auやdocomoなど1つの回線しか取り扱っていないSIMもあれば、2つ以上の回線を取り扱っているSIMもあります。

また、端末によってSIMのサイズが変わってきてしまうので注意しましょう。

サイズが合わないSIMを申し込んでしまってから変更をすると、手数料が生じてしまいます。

回線やSIMのサイズの違いにも注意して選んでみてくださいね。

「それでも格安SIMに変えるのが心配…」という方は、下記サイトも参考にご覧ください。

シムット|格安SIMのデメリットを分かりやすく紹介するサイト

まとめ

今回は、「UQmobile」「mineo」「IIJmio」の3つの格安SIMを比較してみました。

それぞれの格安SIMに良さや魅力がありましたね。

その中でも無駄なく使える自分に合った格安SIMを選び、月々を安くお得な料金で済ませちゃいましょう。

そうすれば、浮いた分を違うことに使うことができたり、経済的な余裕が生まれやすくなるはずですよ。